スキップしてメイン コンテンツに移動

審美歯科 症例1

 審美歯科とはどのような治療をするかご存知ですか?

審美歯科とは歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療の事を指します。

今回は実際に当院で行った前歯4本の治療を見て頂きたいと思います。



          治療前


患者様情報

年齢 70代

性別 女性

主訴 前歯の差し歯が気になる。

前歯の差し歯の色と、笑った時に差し歯と歯茎の隙間が気になるとの事でした。

差し歯は年月とともに変色してきます。

また、歯茎も下がってくるため、差し歯の根元が合わなくなったきます。食べ物が詰まり易く、歯周病の発症の原因にもなるため改善が必要になります。

そこで、今回は、当院で前歯4本を作る事にしました。

     今回の審美歯科治療の目標

  • 前歯4本の色調と歯茎の部分を改善する。
  • 発音、咬むなどの機能を問題なく行えるようにする。
  • 歯の形、色等を患者様のイメージに近い形で仕上げる。


そこでまず、現在の前歯4本を除去して、仮歯を装着します。

         仮歯とは

最終的な歯を入れる前の、準備段階的な一時的な被せ物です。

歯の形や、歯茎部分の適合を合わせます。実際に、装着した状態でしばらく過ごしてもらいます。

話したり、咬めるかどうかを確認します。歯の形を長くしたり、短くしたり等のご要望を聞きながら、来院時に調整します。


今回、患者様には3回程来院して頂き、仮歯の形を調整しました。

実際の仮歯の装着期間は3週間程度でした。

 

仮歯装着
(3回の調整後)(装着期間3週間)

歯茎部分が正確に適合しているのが分かると思います。

色調に関しては、仮歯装着の段階では周囲の歯と調和していません。
完成時に最終的に合わせていきます。

歯の形は調整を繰り返す事によりイメージに近い状態になってきました。
話す、食べる事も前よりも快適だとおっしゃっていました。

3回の仮歯の調整で、仮歯装着期間を終了としていよいよ次回完成となります。



      そして、いよいよ


  
完成

仮歯を最終的な被せ物に置き換えて完成です。

基本的には仮歯と同様の形態ですが、艶があり、左右対称的に精巧に仕上げました。

周辺の歯の色に合わせているため、仮歯より自然に見えます。

仮歯装着期間を十分にとり、仮歯とほぼ同じ形の差し歯を入れて完成したため、患者様の装着後の違和感がなく、歯の形もイメージ通りになりました。

患者様にもご満足頂けたようでした。

今後は定期的なメンテナンスを行い 、お口の中の健康を維持する事を目指していきます。

前歯の色や形が気になる方は、当院の審美歯科治療の一例になりますが、参考にしてください。

柏木ミモザ歯科クリニックはこちら~






コメント

人気の投稿

ホワイトニング症例1

   当院のホワイトニング症例を報告します。           術前                   術後 患者様data 性別 女性 年齢 20代 治療内容  ホームホワイトニング治療 患者様は、歯の黄ばみが気になるという事で ホワイトニング を希望していました。 まずは検診をして口腔内の状態を確認します。 奥歯に数本の虫歯が確認されたので、虫歯の治療後に ホワイトニング を行う事にしました。 すべて小さい虫歯でしたので、白いプラスチックの材料を詰める治療を数回で完了しました。 奥歯2本以外の上10本、下10本の歯は虫歯もなく、人工的な被せ物もないため、 ホワイトニング 治療の条件としては非常に良いと言えます。 なぜなら、 ホワイトニング 治療では治療した詰め物、被せ物は白くならないからです。 虫歯治療、クリーニング後に、作製したマウスピースとホワイトニングジェルをお渡しして1ヶ月間ホームホワイトニングを行ってもらいました。 術後の画像をご覧ください。 術前よりも透けるような白い歯に変化したのが分かると思います。 患者様は、家族の方に「歯が白くなったね」と言われて嬉しかったとおっしゃっていました。 ホワイトニング 治療後の知覚過敏の症状もないため、今後は当院で、3か月に1回のメンテナンスを行い、歯の白さの維持をしていく予定です。    当院のホワイトニングはこちら~        

ホワイトニング症例2~デュアルホワイトニング

 今回はデュアルホワイトニングの症例を報告します。 デュアルホワイトニングとはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用した ホワイトニング です。 さて、今回の患者様は 患者様情報  50代男性 主訴     歯を出来るところまで白くした           い。 治療方法   デュアルホワイトニング まずは ホワイトニング 治療前後の比較です。 かなり白く変化しているのが分かります。           before                                     after   それでは詳しく見ていきましょう。 まず、初診時の状態です。          before 人間の歯は年齢とともに黄色味が増してきます。 「出来るところまで白くしたい」との事でしたので、今回はデュアルホワイトニングを行う事にしました。 まずは一ヶ月間ホームホワイトニングを行いました。  その結果がこちら        ホームホワイトニング後 ホワイトニング 開始から一ヶ月後に来院して頂きました。 だいぶ白くはなりましたが、まだ黄色味が残っています。 ホームホワイトニングの確認と同時にオフィスホワイトニングを行いました。 治療時間は一時間半程度です。 そして、いよいよオフィスホワイトニング完了        オフィスホワイトニング後 ホームホワイトニング後より、さらに3段階程度白さがアップしました。 デュアルホワイトニングは、歯の黄色味が強かったり、可能性な限り歯を白くしたいという方へおすすめの ホワイトニング です。 ご自身の歯の色調等でお悩みの方は是非ご相談ください。 柏木ミモザ歯科クリニックはこちら~

ホワイトニング症例3~白い斑点が消えた!

前歯の白い斑点がホワイトニング治療で目立たなくなったケースを紹介します。 今回の患者様は 患者様情報  20代女性 主訴     歯を白くしたい。前歯の白 い斑点を目立たなくしたい。           治療方法   ホームホワイトニング まずは ホワイトニング 治療前後の比較です。 before after 全体的に歯が白くなったのが分かると思います。 ここで、前歯に注目してみましょう。    before画像の前歯部を拡大してみます。 緑の枠で囲まれている部分をご覧ください。 白い斑点が見えますよね。 この白い斑点は ホワイトスポットと呼ばれます。         ホワイトスポット 初期の虫歯が原因の場合と、乳幼児期の歯の表面の形成不全が原因の場合とがある。 この白い斑点が、ホワイトニング後は だいぶ目立たなくなりましたよね。 ホワイトニング 治療により、白い斑点(ホワイトスポット)を目立たなくさせる事が可能です。 ホワイトスポットの治療は、 ホワイトニング 治療が必ずしも第一選択ではありません。 しかし、歯を削る必要がないのは患者様に十分メリットがあると考えます。 今回は、 ホワイトニング 治療には、このような意外な効果もあるという報告でした。 柏木ミモザ歯科クリニックはこちら~