スキップしてメイン コンテンツに移動

入れ歯の症例1

今回は、当院で製作した入れ歯を紹介したいと思います。

患者様は

75歳 女性
主訴 咬めるようになりたい。また出来る
   だけ目立たない入れ歯を作りたい。

         before
                               
初診の時点では、下の奥歯を喪失している状況でした。

患者様は、咬めるだけではなく、入れ歯を装着している事が出来るだけ分からないようにしてほしいとの事でした。

そこで、今回はこのような入れ歯を製作しました。
        側面観
        正面観

背面観


そして、いよいよ装着してみました。

         after

一方で、通常の義歯はこのようになります。

違いが分かりますか?

歯にかかる部分が通常の義歯では金属なのに対して、今回製作した義歯はピンク色の樹脂なのです。

    今回製作した入れ歯の特徴

  • 入れ歯を入れているのが分かりずらい。

  • 将来的に歯を失う可能性が低下する。


歯に金具が付与されないため、
実際の装着感は自然の歯のように見えます。

通常の入れ歯と違い、歯に金具がかからないため歯に負担がかかりません。
そのため、残っている歯が長持ちします。
将来的に作り直す必要がなく、長く使用できるでしょう。

さらに、弱点であった強度に関してもかなり強化され、義歯が破折するリスクも以前に比べ格段に低下しています。

このように、義歯にも様々な種類があるので、興味のある方はかかりつけ医にご相談ください。




コメント

人気の投稿

お口の中の相談室~良くあるトラブル事例と当院の治療方針をお答えします。

柏木ミモザ歯科クリニック 院長の蛯名です。 皆様はお口の中のどのような事でお困りですか? 私は、以前から、患者様が自分の口の中で、どのような事が起きていて、どのような状況が考えられるか、今後どのような治療になるのかという事をクリニックに行く前に、事前にある程度分かっていた方が心の準備が出来るのではと考えていました。 実際に私が5000人以上の患者様の治療をしてきた中で、良く起こるお口の中のトラブル事例と当院における治療方法を Q and A 方式 でまとめてみました。 治療方法は医院ごと、先生により異なる部分はありますが、原理原則はありますので参考にしてみてください。 また、この記事は皆様が便利にお使い頂けるように、随時追加更新、訂正していきます。 まずは下記に当てはまる症状があるかチェックしてみてください。 緑色部分 をタップするとさらに詳しい説明が見る事が可能です。        お口の中の Q and A Q:  冷たい物がしみますが大丈夫でしょうか? A:  小さい虫歯か知覚過敏症の可能性がありま    す。症状としては軽いかもしれません。   小さい虫歯の治療や知覚過敏処置で改善し    ますのでご安心ください。 Q:    温かい物がしみて、しばらく痛みが続き心     配です。どのような治療になりますか? A:  もしかして虫歯が少し進んでいるかもしれ    ません。その場合は 大きな虫歯の治療 とな   ります。   初診時は、穴を塞ぐ、痛み止めの処方等の   応急処置か、虫歯が明らかに神経まで到達   している場合は神経の治療となります。 Q:  何もしなくても、脈打つような痛みがあり   ます。   痛が強いため仕事も休みました。何とかし    てください。 A:  大きな虫歯により歯の神経、血管が炎症こ   している可能性があります。   歯の痛みでは一番つらい痛みです。   処置は大きな虫歯の治療を行います。   当日は 神経の治療 と痛み止めの処方で痛み   を取り除きます。   痛みはひいていきますのでご安心くださ   い。  Q : 歯茎が腫れて、顔まで腫れました。治りま     すか? A : 歯茎に細菌に感染して腫れた可能性があり    ます。   奥の方ですと、 親知らず の炎症も考えられ   ます。   処方したお薬を飲んでもら

ホワイトニング症例1

   当院のホワイトニング症例を報告します。           術前                   術後 患者様data 性別 女性 年齢 20代 治療内容  ホームホワイトニング治療 患者様は、歯の黄ばみが気になるという事で ホワイトニング を希望していました。 まずは検診をして口腔内の状態を確認します。 奥歯に数本の虫歯が確認されたので、虫歯の治療後に ホワイトニング を行う事にしました。 すべて小さい虫歯でしたので、白いプラスチックの材料を詰める治療を数回で完了しました。 奥歯2本以外の上10本、下10本の歯は虫歯もなく、人工的な被せ物もないため、 ホワイトニング 治療の条件としては非常に良いと言えます。 なぜなら、 ホワイトニング 治療では治療した詰め物、被せ物は白くならないからです。 虫歯治療、クリーニング後に、作製したマウスピースとホワイトニングジェルをお渡しして1ヶ月間ホームホワイトニングを行ってもらいました。 術後の画像をご覧ください。 術前よりも透けるような白い歯に変化したのが分かると思います。 患者様は、家族の方に「歯が白くなったね」と言われて嬉しかったとおっしゃっていました。 ホワイトニング 治療後の知覚過敏の症状もないため、今後は当院で、3か月に1回のメンテナンスを行い、歯の白さの維持をしていく予定です。    当院のホワイトニングはこちら~        

ホワイトニング症例2~デュアルホワイトニング

 今回はデュアルホワイトニングの症例を報告します。 デュアルホワイトニングとはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用した ホワイトニング です。 さて、今回の患者様は 患者様情報  50代男性 主訴     歯を出来るところまで白くした           い。 治療方法   デュアルホワイトニング まずは ホワイトニング 治療前後の比較です。 かなり白く変化しているのが分かります。           before                                     after   それでは詳しく見ていきましょう。 まず、初診時の状態です。          before 人間の歯は年齢とともに黄色味が増してきます。 「出来るところまで白くしたい」との事でしたので、今回はデュアルホワイトニングを行う事にしました。 まずは一ヶ月間ホームホワイトニングを行いました。  その結果がこちら        ホームホワイトニング後 ホワイトニング 開始から一ヶ月後に来院して頂きました。 だいぶ白くはなりましたが、まだ黄色味が残っています。 ホームホワイトニングの確認と同時にオフィスホワイトニングを行いました。 治療時間は一時間半程度です。 そして、いよいよオフィスホワイトニング完了        オフィスホワイトニング後 ホームホワイトニング後より、さらに3段階程度白さがアップしました。 デュアルホワイトニングは、歯の黄色味が強かったり、可能性な限り歯を白くしたいという方へおすすめの ホワイトニング です。 ご自身の歯の色調等でお悩みの方は是非ご相談ください。 柏木ミモザ歯科クリニックはこちら~